今年になって、「人生100年」という言葉が降りてくる。ある会社にお邪魔したとき、壁にかかっていた1枚のカレンダー。2001年から2100年までの100年の日付が1枚に収まったカレンダー。このカレンダーの意味合いは100年なんて、こんな紙切れ1枚か、と思ってしまうと共に、「きっと、あなたの死ぬ日もプロットされている」という裏メッセージがあることだ。 そのことを企業の教えとして社内で実践されていのが、「日本でいちばん大切にしたい会社」でも取り上げられている伊那食品工業さん。海のない長野県で寒天製品だけで48年間増収増益(!)を続けた超優良企業。会社の至るところにこのカレンダーが貼ってあって、社員に事あるごとに「自分の人生、仕事、プライベート、やりたいこと」を考えるきっかけをつくっているらしい。 100年カレンダー
 僕もさっそく購入し(笑)<販売は、日本記念日協会 http://www.kinenbi.gr.jp/>。新年早々、社内に貼った。感想は社員それぞれに任すが、俺はこの辺まで生きるな、私はこの辺、有澤さんはこれ辺で短く終わりですかね!なんて会話が飛び出る。人生設計に日付をつけて目標を定めよ、なんてことも言われるけれど、リアルにそんな気分になってくる。あと何年働くか、何年楽しんで動けるか、あれもしないといけない、これもしたい、と思いは募る。  

 さて、もう1つの100年は、『WORK SHIFT』で話題になったリンダ・グラットン著『LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略』。国内でも100歳以上は6万人!(知ってました?)この長寿の記録は年々増えていくのは間違いなし。そのためには健康寿命で長生きする生活習慣術を学び実践しないと、どえらいことになってくる。本の中では60歳や65歳で定年する時代は終わりで75歳ぐらいまで働く環境づくりや技術をどうつくっていくかがポイントと説いている。 LIFE SHIFT
 僕ら50代は、あと10年とかと言ってられないのだ。どう長い後半戦を楽しんでいくか? 30代だって、あと40年ぐらいどうしていくかを真剣に考えないといけない。日本人は同じ会社で同じ職種でワークステージを終わらせるのが当たり前とか言われていたけど、そんなことはない。新しいシナリオ、新しいステージ、新しいお金の考え方、新しい時間の使い方について考えたい。会社の在り方だって、働き方だって、もう教科書はないのだ。社員みんなが面白く働ける会社をつくらんとあかんのだ。