久しぶりに書きます。

いや〜、言い訳ですが、67月8月と夏を全く感じることもなく仕事に忙殺されておりました。さて、この10月から弊社は16期。創業16年目のスタートです。よろしくお願いします。

 

 さて、そんな中、今日は反省文みたいな、自分の行いへの戒めを。


images-3

 先日、代理店の20代若手と企画の与太話をしていた時のこと。(打合せの年齢構成は、20代の男子2名・女子1名。あとは50代の男3名。)で、何故かわかりませんが、鰻の話になりました。土用の丑の、鰻です。で、その時、20代の若手はみんな「肝吸い」を知らんかった。鰻の肝をいれたお吸い物を食したことがない、というのです。鰻には味噌汁でしょ!と言われ、僕ら50代のディレクター連中は、「アレレ!」になってしまったのです。ついでに、これは関西以西では、余りないと思いますが、関東の若者は「ふぐ料理」を知らん。「てっさ」「てっちり」そして「ひれ酒」も知らん、のです。たしかに、そうでした(関東では高級料理ですものね)。

 ここにコミュニケーションに深い溝が生まれます。名付けて、肝吸い断層。(または、ひれ酒断層)。ふだんの料理は兎も角、ちょいと値が張る料理や、伝統料理、若手だけでは行きつけないお店を経験させるのは目上の義務であると育ちました。と、すると、僕は若手に食の経験を積ませていない、ということになります。僕らは、よく飯好きな先輩にあちこち連れ回されました。毎回、仕事について厳しい指導が入るのが常の“夜の学校”でしたが、いろんなお店で作法も含め、食事を堪能させていただいた。大きな仕事が終わった後の、ご褒美でもありました。外での<食べる・飲む>は、まさに社交の場なんです。名店を知る、またとない機会でもありました。食べ方は綺麗か、姿勢はいいか、ちゃんと残さず食べるか、注文は下品じゃないか。料理人の仕事を見たか。勘定の仕方はどうだ。いろんな先輩の指導を思い出します。まさに食は学校でした。諸先輩、ありがとう。食事も仕事の延長上にありますね。反省。