二十歳の頃、広告づくりに取り憑かれ、DDB(米国マジソンアベニューの広告代理店)がつくるフォルクスワーゲン”Beatle"の広告に憧れた。コピーライターの視点、切り口、絵づくり、言葉づくりに、いちいち感動していた。「人を動かせるものは、ぜんぶ広告だ」と思って、あの日から約30年、メディアを問わずコミュニケーションツールを山ほどつくってきた。(実現できず悔やまれた昔の媒体といえば、駅の階段広告と飛行船広告ぐらいだった)。箸袋のデザインから某首相の言葉づくりのお手伝いまでやってきたし、商品開発やお店づくり、CM音楽、地域起こしもやってきた。

 

長年、大手広告代理店のクリエイティブ・パートナーとしても、数多くのクライアントの広告づくりを担当し、マーケティング、宣伝・広報を手がけてきた。時折、国内外の広告賞もいただき、売上貢献、販促支援、ブランド発信、ソーシャルデザインの実績で評価もいただいてきたが、たえず1つの悲しみが去来することがある。

 

ずっと、つきあえない、のだ。

 

大企業であればあるほど、人事も激しい。ご担当が変われば、主義や主張も変わる。また担当代理店の人事異動でも、あっけなく関係が途切れることが起こるのだ。そのたび競合プレゼンになったりして。涙がでるぜ。僕らは中長期で考え、純粋に3年、5年とお付き合いしたいのに、一夜にして彼女がどこかへ引越しまう虚しさを覚えるのだ。

 

業界歴30年を越えて、そろそろ仕事の集大成期間になろうとしている時、僕は絆を大切にできる関係づくりを選ぶことにした。直接な関係で、企業の「稼ぐ支援」「社会評価支援」「社員のモチベーション支援」を永年に渡って担当していきたいと決意した。企業の存在、存続、鮮度の維持・交換も含め、商品やサービスの成長とプロセスをロングタームで共に歩むことが、伴走するアドマンの最高の生きがい、と信じでやまない。ずっとパートナー。晴れの日も雨の日もあるかもしれないけれど、一緒に歩いていける相手様と仕事をしていきたい。そして、その姿を次につなげたい。